紫外線 対策 体内

実は紫外線対策は体の中からも出来るんです

体の中から紫外線が出てくると思いましました?そうではありません。紫外線『対策』を体の中からやってみよう。というお話です。紫外線対策というと真っ先に思い浮かぶのが、日傘や日焼け止めクリームなどで、とにかく紫外線を浴びないようにする。という対処法。もちろん、紫外線をはじめから浴びずに済むのであれば、それに越したことはありません。でも、日焼け止めクリームを塗ってもどうしても塗りムラができてしまったり、日傘を差しても日に当たってしまうことはあるでしょう。そうしたとき、紫外線によるお肌へのダメージを少なくするために、お肌の状態を良くしておくことが有効です。その一つがしっかりと栄養を取ること。紫外線対策には、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピンが効果のある栄養素として知られています。なかでもビタミンEは紫外線によって発生した活性酸素を除去する効果があり、これらの働きが無色メラニンの働きを助けると言われています。ビタミンEを多く含む食材はアスパラやかぼちゃ、アーモンドやピーナッツが挙げられます。ビタミンCにも抗酸化作用がありますので、美白効果があります。更にビタミンCはコラーゲンの合成を促します。この作用により、弾力ある、水々しいお肌を作ることも期待できるのです。